トップページ > 「構造的にもたない」とプレカット工場に言われたら【ケーススタディ】

木構造研究室

「構造的にもたない」とプレカット工場に言われたら【ケーススタディ】

非住宅木造|高さ・スパン等の技術的な問題解決法


目次
1.この図面では成立しません
2.実例で見ていきましょう
3.CADが同時に壁量計算
4.高さが4mを超えると構造的に4寸でカバーできず・・・
5.高さだけでなく、スパンや形状でも
6.非住宅の場合は200㎡を超えると確認申請時に図面の添付が必要
7.住宅の延長線上は壁量計算でカバーできる範囲
8.非住宅で技術につまずく典型的なパターン
9.本来ならば初期段階で構造のチェック
まとめ

この図面では成立しません

500㎡以下の小規模なものであっても、
非住宅木造に取り組むと技術的な問題で悩むことが多いです。

例えば、構造上の問題でプレカット工場から
「この図面では成立しません」と突き返されることがあります。
なぜなら、プレカット工場は「構造的に柱が何本必要ですよ」
「梁成は〇〇㎜必要ですよ」という回答をしてくれないからです。

そして、プレカット工場から
「構造的にもちません。どうしますか?」と尋ねられたことに対して
「〇〇にすればもつので、〇〇にしてください」と
根拠を示して修正指示することが難しく、
最悪の場合、そこで計画が宙に浮いてしまうことがあります。

実例で見ていきましょう

ある工務店が、既存のお客様から
倉庫を建てたいという相談を受けました。

ヒアリングすると、
それほど大きなものではなく形状もシンプル。
ただ、精米機を置くため高さが6m必要でした。

予算を考慮して木造を選択し
プランを描いて提案すると、お客様の反応も上々。

しかし、見積もりのため図面をプレカット工場に送ると
数日後「この図面では成立しません」という返答がきました。

CADが同時に壁量計算

プレカット工場では
CADにプランを入力するとCADが同時に壁量計算をします。

(構造のチェック受けているプレカット工場と
  受けていないプレカット工場があるので、ご確認が必要です)

その時、構造的に問題があるとCADがNGを出します。

NGが出るとプレカット工場は、そのまま進める訳にはいかないので
確認の連絡を入れます。

しかし、工務店では構造的な回答をすることができません。

高さが4mを超えると構造的に4寸でカバーできず・・・

規模が小さいシンプルな倉庫は木造に向いています。
ただ、高さを必要とすることが多く、5m、6mになることもざらです。

しかし、高さが4mを超えると
構造的に柱のサイズが4寸でカバーできなくなります。

そうなると専門家の知見が必要となるので
非住宅に慣れている工務店なら、
弊社のような構造設計事務所に問い合わせをし
CADで解析できない断面の裏付けを取ります。
そうすることで、問題が解決し、一気に計画が進むからです。

しかし、相談ができる専門家がいないと、計画がストップしてしまうこともあります。

高さだけでなく、スパンや形状でも

高さだけではなく、スパンや形状でも同じような問題が発生します。

住宅の場合、2時間半を超えるスパンはほどんどありません。
しかし、非住宅では当たり前のように超えてきます。

上記の倉庫もスパンが6mを超えていました。

そうなると、CADのスパン表にないため梁成が決められず
これに関してもプレカット工場から解決策を求められます。

こうなると、どうしても構造的な解釈が必要です。

非住宅の場合は200㎡を超えると確認申請時に図面の添付が必要

住宅は4号特例によって500㎡まで構造計算の省略が可能です。

しかし、非住宅の場合は200㎡を超えると
確認申請時に何かしらの図面を添付しなければなりません。
その時に構造図も添付するので根拠が求められます。

通常は、プレカット工場が作った壁量計算を添付し、
プレカット工場が作った壁量計算を
建設会社が責任を持って対応するという流れで進んでいきます。

しかし、今回のようにプレカットCADではじかれてしまうと
正しいのかどうか、判断の根拠がなくなってしまいます。

住宅の延長線上は壁量計算でカバーできる範囲

壁量計算でカバーできる範囲内なら、
住宅の延長線上で進めることができるのですが
そうでないとどうしても、専門家が必要になります。

とはいえ、構造設計事務所に相談すると
費用が発生する可能性があるため
まだ契約ができるかわからない案件では相談ができず
ここで計画がストップしてしまいます。

非住宅で技術的につまずく典型的なパターン

弊社は、このようなつまずきをなくすために
提携しているプレカット工場と、構造の相談を無料で行っています。

エラーの出たプランをプレカット工場からもらうたびに
「もっと早く構造設計士に確認をするべきなのに」と、思うことがあります。

本来ならば初期段階で構造のチェック

本来ならば、計画の初期段階で
構造のチェックを入れるべきなのです。

スケッチ段階で構造のチェックを入れれば
立米単価の安い、一般流通材で収まるプランの提案も可能です。

しかし、現実は違います。

プランの確定後、それも
プレカット工場でエラーが出た後に、相談がきます。
それでは大きな材を入れて計算で帳尻を合わせるしかなく
ムリ、ムラのある構造になってしまいます。

工務店が非住宅木造に取り組む際は
ハードルが低い1000㎡未満のものからはじめると
比較的スムーズに進められます。
特に、意匠にこだわりの少ない倉庫は狙い目です。

倉庫なら、一度経験してしまえば、木造の勘所が理解できます。

あとは、都度、初期段階で構造のチェックを入れ
コストや技術的な調整をすれば、大きな問題は起こりません。

まとめ

非住宅木造は相談できる専門家が必要不可欠です。
ただ、数字だけ計算し帳尻を合わせるような構造設計では
木材の調達やコストコントロールもままなりません。
木造に精通したパートナー選びが重要なポイントになります。

│ 関連記事

同じスパンで木造と鉄骨造を比べてみた

木造の耐火建築物│非住宅を計画する時の関連法規まとめ
なぜ、中大規模木造の技術者が少ないのか?