トップページ > サービス一覧 > 木造の大空間・大スパンを実現

木造の大空間・大スパンを実現

なぜ、木造の大空間施設が増えているのか?

こんにちは。中大規模木造に特化した構造設計事務所 
木構造デザインの福田です。

大空間・大スパンを木造で実現することは難しい。
以前は、そう思われていました。

例えば、

・住宅では飛んでも5~6mのスパンが非住宅になると10m超に
▶応力とたわみに問題が生じる

・階高も一般的な3mから4~5mになることも
▶座屈や、外周の柱が受ける風の問題が生じる

・一般の仕口・納まりから金物・特殊納まりになる
▶特殊な納まりを考えなければならない

・住宅から多用途になる
▶積載荷重で梁サイズと壁量に問題が生じる

・通直材からトラスになる
▶接合方法と水平構面に問題が生じる

これらの理由から、大空間・大スパンの施設は木造ではなく、
鉄骨造やRC造で建てられることが多かったです。

しかし、木促法の施行によって、
公共施設(庁舎や教育施設など)の木造化が活発になり、
脱炭素社会への取り組みから民間企業も
積極的に自社施設の木造化を進めています。

今後、中大規模の木造建築物が増えることが予想され、
構造設計者がプロジェクトの初期段階から関与することが多くなるでしょう。

大空間・大スパンを木造で実現するために、
大断面集成やトラス構造、木造ラーメン構造も含めて
検討する必要があるからです。

■大断面集成材

大断面集成材は設計者が要求する寸法、形状に合わせて製造することできます。
長尺材やアーチ材も可能です。

■木造トラス構造

トラス構造は三角形で構成された構造形式です。大スパンを可能にし、
大空間を実現できます。小径材を組み合わせたフレームで構成するため、
一般流通材で大空間・大スパンを実現できます。

■木造ラーメン構造

ラーメン構造は柱や梁を「剛接合」で強力に一体化し強い構造を実現できます。
一般的には、マンションやビルなど、鉄骨造やRC造の建築に使用されます。

ただ、中大規模木造に精通した構造設計者は少なく、
構造設計の依頼先にお困りの方が多くおられます。

もし、依頼先にお困りでしたら、
ぜひ、木構造デザインにお問い合わせください。

こんなお悩みありませんか?


  • RC、鉄骨は頼める先はあるが木造は・・・
  • 個人事務所なので、忙しいと断られる
  • 木造を熟知した構造設計者がいない
  • プレカットできない非現実な構造図面だった
  • 申請に出すと補正が多くなかなか下りない
  • そもそも近くで頼める先がない

木構造デザインが選ばれる4つの理由

プレカットCADを使って構造計算

構造計算とプレカットデータが一致しているので、入力変換する必要がありません。再入力時のミスを回避できます。接合部の金物の納まりを確認することもできます。

初期段階から概算ではない積算が可能

プレカットデータから部材数量を拾い、明細表からの積算をすることが可能。構造計算の初期段階から、見積もり可能な明細表を作成することできます。

トラス構造、混構造など特殊案件にも対応

中大規模木造に専門特化した構造設計事務所なので、特殊案件を得意としています。また、工法を問わず、多種多様な工法に対応しています。

安全証明書を発行

構造計算によって建築物の安全性を確かめた安全証明書を発行いたします。JSCA構造設計賠償責任保険に加入しています

在来軸組工法から大規模大断面工法、
2×4工法、金物工法やCLT工法まで
多種多様な工法に対応。
ルート2、4階建て、非住宅の
構造設計・構造計算を承ります。

お取引様の声

株式会社 吉住工務店

澤田 伸一 様 設計室長

木造を熟知した構造設計者の協力が必要不可欠。非住宅木造を得意とする構造設計事務所を探すのは大変でした。

ティンバラム 株式会社

菊池 和文 様 専務取締役

難易度が高い構造設計をお願いしています。大規模施設は木造に詳しい組織設計事務所と連携して効率を高めています。

株式会社 飯野建築工房

飯野 高明 様 代表取締役

ラフプランから相談。構造設計、プレカット加工まで、すべてお任せしています。ワンストップで手間いらずです。

U字型の園舎

U字形は子どもたちが園庭に平等に向き合えるかたちに、という法人側からの要望。

木造高等学校

グリッドで自由を広げる自主的な学び場。9m×9mの大きなスパン割り。木造学校校舎・寄宿舎

木造倉庫・営業所

共有部以外は無柱空間。開口部は30,940㎜で奥行8,190㎜。今、需要が急増している木造倉庫・営業所

お申込みの流れ

以下のような内容で、ご相談・仮定断面・構造計算など設計サポートを行います。

お問い合わせ

まずはお問い合わせフォーム
またはお電話でご相談ください。

担当者より、ご連絡いたします。

資料をお送りください

平面図・立面図をお送りください。
その他、必要な資料がありましたら、
担当者よりご連絡いたします


仮定断面ご提出

資料をもとに、仮定断面を作成いたします。
そして、お見積りもご提出いたします。

ご検討

ご提出した資料、提案をもとにご検討いただき、
ご承認いただけましたらご発注ください。
提案がお気に召さない場合は、
お断りいただいて問題ありません。
ここまでは一切費用は発生しません。


構造計算

詳細の打ち合わせを行いながら、
構造計算を行います。
また、審査機関から指摘事項があった場合の
対応もお任せください。

はじめての不安を解消してください!

構造設計の答えは1つではありません。
構造設計事務所ごとに見解が異なります。

だからこそ、非住宅木造専門の木構造デザインの
実力を試していただきたいと思っています。

弊社では、リスクなく比較検討ができるように、
初回の方限定で仮定断面無料キャンペーンを行っています。

構造設計の精度、担当者のスキル、サービスなど、
任せることができる会社か、総合的にご判断ください。

Q.遠隔地からの相談でも対応してもらえますか?

A.全国どこでも対応いたします。



Q.木造にするかどうかわからない段階でも相談できますか?

A.ご相談可能です。
RC造や鉄骨造からの切り替えなどのご相談にも対応いたします



Q.木造で設計するのが初めてで不安なのですが対応してもらえますか?

A.もちろん可能です。
木造の構造設計に精通したスタッフがサポートいたします。



Q.特定の工法を推奨されたりすることはありますか?

A.特定の工法を推奨することはありません。
計画内容に応じて最適な工法をご提案いたします。



Q.構造計算を依頼するには、どうしたらいいですか?

A.構造計算の前におおよそで構いませんので、
下記項目をご用意いただけますと、
より具体的なアドバイスが可能です。
・設計図
・建築地
・物件の用途
・大きさ

また「鉄骨で進めていたけど、木造で建てられますか?」
といったご相談も木造に置き換えて、
モジュールや注意点などをアドバイスさせていただきます。



Q.木構造デザインと他の構造設計事務所との違いは何ですか?

A.「木構造デザイン」は、非住宅木造に専門特化した構造設計事務所です。