トップページ > 木構造デザインでできること > 木構造デザインのサービス

木構造デザインのサービス

ルート2、混構造、4階建て、非住宅の構造計画・構造計算を承ります。


構造設計事務所と言っても、専門分野はそれぞれです。

木構造デザインは、非住宅木造に専門特化した構造設計事務所です。

在来軸組工法から大規模大断面工法、2×4工法、金物工法やCLT工法まで
多種多様な工法に対応しています。


構造計算書・構造図作成、そして、ご相談に対応しています。

  • 木造で成立するか確認したい
  • 鉄骨造、RC造を木造に置き換えられるか相談したい
  • プレカット工場で対応できないと言われた

など、お困りのことがございましたら、何でもご相談ください。

経験豊富なスタッフが対応します


弊社にご相談いただく方の多くは、木造の専門家です。
専門家でも判断に迷う非住宅のご相談に対応しています。

建物が大きく、不特定多数の人が利用する中大規模施設は、
住宅とは違った性能が要求されます。


一般的な2階建て以下の木造の戸建住宅は「4号建築物」と呼ばれ、
確認申請時に構造計算の審査を簡略化できる特例が認められています。

ほとんどの木造住宅は、この「4号建築物」で建てられています。

では、どのような建物が非住宅(4号建築物以外)なのかというと、
建築基準法の1号から3号までの建築物です。

では、1号から3号までの定義を見ていきます。

用途で言うと

1号は床面積の合計が200㎡を超えた特殊建築物です。

分類は下記になります。

寄宿舎・下宿・共同住宅、自働車車庫・駐車場百貨店・
マーケット・物品販売店(飲食店業は除く)・展示場・
ショールーム集会場・公会堂・劇場・映画館・演芸場学校・
体育館・病院・診療所・老人福祉施設などです。

代表的なものを記載しましたが、
どのような業態で用いられるかの定義はありません。

2号は木造で3階建て以上の建物か、
延べ床面積が500㎡を超える建物、
高さが13mもしくは軒の高さが9mを超える建物です。


住宅でも3階建ては4号特例が使えず、
構造計算書とともに構造図や仕様を明示する審査の対象となります。

3号は、木造以外の建物です。
RC造やS造との併用構造が対象で、
延べ床面積が200㎡を超える建物です。


木構造デザインは、この4号建築物以外の
非住宅木造に専門特化した構造設計事務所です。


中大規模木造のルート2、混構造、4階建てなどの構造計算を得意としています。

工法を問わずご相談ください

木構造デザインでは、中大規模の木造であれば、
工法を問わずご相談をお受けしています。

木構造デザインがお手伝いできることを簡単にご説明すると、

  1. 構造計画
  2. 構造計算
  3. 構造計算+プレカットデータ作成
  4. 構造計算+プレカットデータ作成+施工店紹介

などです。

ですから、計画段階でもご不安なことがありましたら、
何でもご相談ください。

ご相談・仮定断面の提案は無料で行っています。

ご相談をご希望の場合は、簡単で結構ですので
下記にご相談内容をご記載いただきお申込みください。

できましたら、

  1. おおよその建築地
  2. 簡単で結構ですので物件の用途
  3. おおよその大きさ

などをお問い合わせフォームにご記入いただけましたら、
担当者の技術者が親切に対応いたします。

「鉄骨で進めていたけど、木造で建てられますか?」

そのようなご相談も、木造に置き換えて、

  • モジュールの提案
  • 柱、梁などの架構提案
  • 注意点

などをご提案いたします。

どうぞ、お気軽にご相談ください。